センスが必要な最近のランドセル選び

私の子どもは昨年小学校に入学しました。

小学校は幼稚園とは異なり、様々な面で子どもを成長させてくれる場所なので、子どもが楽しく学校に行けるように準備を整えてあげることが親の役目だと考え、様々なことに手を尽くしてきたつもりです。

その中でも特に大変だったのがランドセル選びです。

私たちの頃は女の子は、男の子はと相場が決まっていましたが、現在は非常にカラーバリエーションが多くなっていることは周知の事実です。子どもを持たない人は、好きな色を選ばせてあげれば良いと考えている節がありますが、実際はそう簡単にはいきません。

まず、ランドセルは小学生が毎日使うものなので、好みの色であることは絶対条件になります。

しかし、子どもの成長は非常に早いので、小学校一年生の時に選んだ色が小学校六年生になると好きではなくなっていることも珍しくないのです。

そのため、親が好みを把握して将来的にも困らない色をさりげなく進めるということが求められます。また、登下校時に背負うランドセルは、服装との色合いも考慮しなければなりません。ここが親のセンスに左右される部分で、普段からファッションに気を遣っていても、存在感のあるランドセルと合わせることは非常に難しいです。私はファッションセンスがあるわけではないので、ランドセルを選ぶに当たって雑誌などを読んで勉強しました。

結局、子どもは空色のランドセルを使うことになりました。現在子供は小学五年生ですが、飽きることなく使用していますし、さらに服装にも合わせやすいので良かったです。

コメントする